うにからすみ

間違いなく天草の絶品

 生からすみとバフンウニをブレンドした画期的な珍味。「日本三大珍味の2つのコラボレーションです」と、代表の野崎健さん。ボラの卵を塩漬けし、ほぐした状態の天草産生からすみは、干し上げた本からすみより塩気がまろやか。プチプチとした粒を感じられるのも特徴だ。生からすみの味わいにあわせるのは、バフンウニ。天草は年間を通して、季節ごとに4種類のウニが獲れる全国でも珍しい漁場。「その中で、お互いの個性と旨味が引き立つよう、ほろ苦い甘味を持つバフンウニを選び、配合のバランスを工夫しました」。一対一の比率であわせ、天草の海塩で味付けする。口に含むと生のからすみのほどよい塩気と、バフンウニの豊かな磯の香りがいっぱいに広がり、すーっと舌の上で溶けてゆく。「そのまま酒のつまみにしても、オイルに加えてパスタにしてみたり、炊きたてのご飯に混ぜてうにめしにするのもおすすめ。あたためた絹豆腐にのせて食べても旨いですよ」と野崎さん。「昔、漁師さんが乗って海に出ていた樽をイメージしました」という木樽は高級感があり、贈答用にもおすすめだ。

株式会社 丸健水産

〒863-2421 熊本県天草市五和町二江4662-5
TEL:0969-33-1131
FAX:0969-33-1931
http://www.maruken.net

  • follow us in feedly

天慎の三代巻(こはだの白魚巻)

天草かまぼこ「天領」天草かまぼこ「天領」

関連記事

  1. 杉ようかん

    杉ようかん

     天草の歴史を今に伝える﨑津天主堂を背に細い路地を歩くと、地元の人たちが集まる『南風屋』がある。約2…

  2. 純米焼酎ケーキ 「天草」

    口に含んだ瞬間〝和風生ケーキ〞とも呼べるようなしっとりとした食感に驚かされる。その後、鼻に抜けるまろ…

  3. タコめしgoo

     獲れたての新鮮なタコを干して、旨味を濃縮させた”干しダコ”。天草の夏の風物詩を手軽に味わえるように…

  4. あんぐり

    天草の石工と、窯元の職人の伝統と技術が見事に合わさって生まれたスピーカー。ユニット部分は海鼠釉(なま…

  5. 天草大王鍋

     背丈は約90cm。昭和初期に絶滅し、2000年に復活した日本最大級の体格を誇る地鶏「天草大王」の肉…

  6. 天草いちじくフロマージュ

    「天草のフルーツを使ったフレッシュな生ケーキです」と、オーナーシェフの桑田洋平さん。デコポンの香りが…

  7. 天草荒波鯛の味噌漬け

     天然に近づけるために、波の荒い外海に大型の養殖場を作り、稚魚から徹底管理。ハーブやポリフェノールを…

  8. 鯛魚醤原液

     天草の豊かな海で育った真鯛。その新鮮な真鯛を発酵、熟成させたのが「プロが使っている鯛魚醤原液」だ。…

PAGE TOP