純米焼酎ケーキ 「天草」

天草の酒蔵に眠る熟成古酒の芳醇な香り

口に含んだ瞬間〝和風生ケーキ〞とも呼べるようなしっとりとした食感に驚かされる。その後、鼻に抜けるまろやかな焼酎の香り。「天草在住の職人がタッグを組んで生まれた、渾身のケーキなんです」と語るのは菓子職人の清原康史さん。同店で数十年愛され続けている「ブランデーケーキ」の製法をベースに、天草唯一の酒蔵「天草酒造」(明治32年創業)の熟成古酒と、天草産の高級卵、天日塩という〝メインドイン天草〞の素材にこだわって作り上げた。「独特のしっとり、ふわふわ食感を出すために、試行錯誤を繰り返しました」と清原さん。「卵を人肌に温めてから泡立てるなど、細かいところに気を配っています。また、季節によって泡立ての時間や温度も微妙に変えています」と、食感のこだわりは強い。 26年もの長きにわたり、暗い酒樽の中でじっくりと熟成されたまぼろしの古酒を使用するために〝量産はできない〞と語る清原さん。芳醇な香りを放つケーキからは、職人たちの熱い思いと天草という土地の豊かさが感じられる。

有限会社 喜久屋製菓「菓子工房 喜久屋」

〒863-0032
熊本県天草市太田町5-1
TEL:0969-23-4172
FAX:0969-23-4172
http://kikuya.amakusa-web.jp

天草酒造
http://ikenotsuyu.com/

  • follow us in feedly

あまくさ晩柑チーズケーキあまくさ晩柑チーズケーキ

天草南蛮柿ようかん天草南蛮柿ようかん

関連記事

  1. 天慎三姉妹

    天慎三姉妹

     鯛の稚魚、コハダ、車海老。天草の海の幸で握る三種の巻き寿司を、一箱に詰めた。「熊本の豊穣な土で育っ…

  2. 海味の塩ようかん

    海味の塩ようかん

    「海味の塩ようかん」は、なめらかな白い肌にアオサの青がきらきらときらめき、まるで宝石のような美しさだ…

  3. 魚醤調味料「味元」

     魚醤とは魚で作る醤油のこと。味元は天草の海で水揚げされたばかりのカツオ、イワシ、サバ使って仕込む逸…

  4. 天慎の三代巻(こはだの白魚巻)

     主役は、天草近海で獲れるコハダ。水揚げされてすぐにさばいて酢じめした身は、実に柔らか。天草産の大葉…

  5. 南蛮柿ジャム初恋

    南蛮柿ジャム初恋

     「四郎の初恋」シリーズ第2弾となる無添加ジャム。天草と縁の深いイチジクで初恋の味をより表現しようと…

  6. 鯛魚醤原液

     天草の豊かな海で育った真鯛。その新鮮な真鯛を発酵、熟成させたのが「プロが使っている鯛魚醤原液」だ。…

  7. 天草荒波鯛の味噌漬け

     天然に近づけるために、波の荒い外海に大型の養殖場を作り、稚魚から徹底管理。ハーブやポリフェノールを…

  8. 春子の小袖巻き

     春先にとれる体長約10センチの鯛の稚魚「春子」。有明海に浮かぶ湯島の特産品の「湯島大根」。この2つ…

PAGE TOP