天草南蛮柿ようかん

なめらかな肌合いに、ちりばめられた天草の恵み。

「ようかんの材料は、あんこと砂糖、寒天のみ。だからこそ、素材や作り方で、大きく味が変わるんです」と語るのは、八代目の黒瀬友希さん。明治初期の創設以来、吟味を重ねた素材とこだわりの製法が、ようかんそのものの繊細な味を生み出していいる。手作業で練り上げられるようかんを使って作られたのが「天草南蛮柿(あまくさいちじく)ようかん」と「海味(うみ)の塩ようかん」だ。天草が日本初伝来の地と言われるイチジク。「天草南蛮柿ようかん」は、天草産の完熟のイチジクのみを、少量ずつ手作業でジャムにしたものを練り込んだ一品。「大量に仕込むと香りが飛ぶので、鍋につきっきりで少量ずつジャムを作っています」と語る黒瀬さん。

増田屋 黒瀬製菓舗

〒863-2507 熊本県天草郡苓北町富岡3243
TEL/FAX:0969-35-0119
http://kuroseseikaho.info/

  • follow us in feedly

純米焼酎ケーキ 「天草」

海味の塩ようかん海味の塩ようかん

関連記事

  1. 天草白磁の アクセサリー

     天草は陶磁器の里でもあるんです。天草でとれる「陶石」は純度が高く有田焼にも使われているほどです。天…

  2. 天慎三姉妹

    天慎三姉妹

     鯛の稚魚、コハダ、車海老。天草の海の幸で握る三種の巻き寿司を、一箱に詰めた。「熊本の豊穣な土で育っ…

  3. タコめしgoo

     獲れたての新鮮なタコを干して、旨味を濃縮させた”干しダコ”。天草の夏の風物詩を手軽に味わえるように…

  4. 魚醤調味料「味元」

     魚醤とは魚で作る醤油のこと。味元は天草の海で水揚げされたばかりのカツオ、イワシ、サバ使って仕込む逸…

  5. 春子の小袖巻き

     春先にとれる体長約10センチの鯛の稚魚「春子」。有明海に浮かぶ湯島の特産品の「湯島大根」。この2つ…

  6. 天草ヒノキのかおり

    原材料は天草産のヒノキのみ。混ぜ物なしの天然エッセンシャルオイルだ。代表の松坂和幸さんは祖父の代から…

  7. 天草荒波鯛の味噌漬け

     天然に近づけるために、波の荒い外海に大型の養殖場を作り、稚魚から徹底管理。ハーブやポリフェノールを…

  8. 純米焼酎ケーキ 「天草」

    口に含んだ瞬間〝和風生ケーキ〞とも呼べるようなしっとりとした食感に驚かされる。その後、鼻に抜けるまろ…

PAGE TOP