春子の小袖巻き

鯛の稚魚を、小ぶりな巻き寿司に。

 春先にとれる体長約10センチの鯛の稚魚「春子」。有明海に浮かぶ湯島の特産品の「湯島大根」。この2つを用い、大きさ5センチほどの中巻きに仕上げてある。「桜の花びらのような体色から、”桜鯛”とも呼ばれる春子。体が小さく、身は少なくて繊細。鯛飯や塩釜焼きにすることが多いのですが、工夫をして春を思わせるような淡色の美しい寿司にしたいと思いました。」と主人の林田幸人さん。身が崩れないよう細心の注意を払って捌き、塩で締めて酢に漬けた。湯島大根は梅酢に漬けて紅桜色に。熊本県の山都町で無農薬栽培された白米を酢飯にし、板状のおぼろ昆布、きゅうり、ごまを合わせて春子のうま味を引き立てる薄味に仕上げた。ひと口サイズなので異なる具材の複雑な味わいを一度に堪能できる。ふっくらとした鯛の食感と湯島大根のポリポリ感、キュウリのシャキっとした歯応え・・・。完成度の高い味わいに加え、美しいネーミングと高級感のあるパッケージデザインにも認定された理由の一つ。加えて、冷やしてもおいしく食べられるので、手土産にもおすすめだ。

有限会社 天慎

〒863-3601 熊本県上天草市大矢野町登立1216-6
TEL/FAX:0964-56-0656
※天草五橋2号橋側にも視点あり

  • follow us in feedly

天慎三姉妹天慎三姉妹

天慎の三代巻(こはだの白魚巻)

関連記事

  1. 四郎の初恋ショコラ

    四郎の初恋ショコラ

     クルス(十字架)をかたどった「四郎の初恋ショコラ」は、口に含むと濃厚なビター系クラシックショコラが…

  2. 魚醤調味料「味元」

     魚醤とは魚で作る醤油のこと。味元は天草の海で水揚げされたばかりのカツオ、イワシ、サバ使って仕込む逸…

  3. 純米焼酎ケーキ 「天草」

    口に含んだ瞬間〝和風生ケーキ〞とも呼べるようなしっとりとした食感に驚かされる。その後、鼻に抜けるまろ…

  4. 杉ようかん

    杉ようかん

     天草の歴史を今に伝える﨑津天主堂を背に細い路地を歩くと、地元の人たちが集まる『南風屋』がある。約2…

  5. 天草大王鍋

     背丈は約90cm。昭和初期に絶滅し、2000年に復活した日本最大級の体格を誇る地鶏「天草大王」の肉…

  6. 天草白磁の アクセサリー

     天草は陶磁器の里でもあるんです。天草でとれる「陶石」は純度が高く有田焼にも使われているほどです。天…

  7. 祈りの郷 乳菓饅頭﨑津Nanban

    2018年、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つとしてユネスコの世界文化遺産に…

  8. 天草荒波鯛の味噌漬け

     天然に近づけるために、波の荒い外海に大型の養殖場を作り、稚魚から徹底管理。ハーブやポリフェノールを…

PAGE TOP