天草晩柑ようかん

なめらかな肌合いに、ちりばめられた天草の恵み。

 天草晩柑の甘露煮が練り込まれたようかんは、まるで薄暮に浮かぶ三日月のような美しさ。一口食べると、すっきりとした柑橘系の味わいの後から、ほのかに感じられる果皮の苦み。「天草晩柑のさっぱりとした酸味と上品な甘さを味わっていただけます」と語るのは、8代目の黒瀬友希さん。
 天草晩柑の果汁をおしみなく使うことで、甘酸っぱいフレッシュな味を追求しつつ、仕上げにジャムや甘露煮、果皮をプラスし、深みのあるコクとほのかな苦みをプラス。果汁、ジャム、甘露煮の配合や、しっとりとした口触りなど、晩柑のおいしさを丸ごと表現するために、試行錯誤を繰り返して生まれた逸品だ。
 明治初期の創業以来、代々受け継がれたこだわりの製法で作られるようかんは、若き8代目により新たな味が生まれている。

増田屋 黒瀬製菓舗

〒863-2507 熊本県天草郡苓北町富岡3243
TEL/FAX:0969-35-0119
http://kuroseseikaho.info/

  • follow us in feedly

海味の塩ようかん海味の塩ようかん

鯛魚醤原液

関連記事

  1. 天草白磁の アクセサリー

     天草は陶磁器の里でもあるんです。天草でとれる「陶石」は純度が高く有田焼にも使われているほどです。天…

  2. 杉ようかん

    杉ようかん

     天草の歴史を今に伝える﨑津天主堂を背に細い路地を歩くと、地元の人たちが集まる『南風屋』がある。約2…

  3. 魚醤調味料「味元」

     魚醤とは魚で作る醤油のこと。味元は天草の海で水揚げされたばかりのカツオ、イワシ、サバ使って仕込む逸…

  4. 純米焼酎ケーキ 「天草」

    口に含んだ瞬間〝和風生ケーキ〞とも呼べるようなしっとりとした食感に驚かされる。その後、鼻に抜けるまろ…

  5. 天草かまぼこ「天領」

    天草かまぼこ「天領」

     "エソ"で作る蒲鉾が店頭に並ぶのは、10月から翌年6月までの8カ月間。「鮮度の良い魚で保存料などを…

  6. 四郎の初恋

    四郎の初恋

    天草と言えば「いちじく」、いちじくと言えば「あまくさ」というくらい歴史あるフルーツなんです。昔は「南…

  7. 海味の塩ようかん

    海味の塩ようかん

    「海味の塩ようかん」は、なめらかな白い肌にアオサの青がきらきらときらめき、まるで宝石のような美しさだ…

  8. あんぐり

    天草の石工と、窯元の職人の伝統と技術が見事に合わさって生まれたスピーカー。ユニット部分は海鼠釉(なま…

PAGE TOP